かんたん車査定ガイド

2014年06月08日

ハスラー走行レポート【納車2ヶ月】




↓  ↓  ↓


◆4月5日に納車されたハスラー[ターボX]、納車2ヶ月を過ぎ走行距離は1,700kmを超えました。


周辺の山坂道中心の走行で距離も1,000kmを超えた頃から慣らし走行から徐々にアクセル全開モードの走行が多くなった為か燃費は「16.1km/L]と少し下がってしまいました。しかし東京・横浜までのロングドライブ時の燃費は[23.7km/L:燃料満タン法での測定結果]とカタログデータの25.0km/Lには及びませんが思った以上の高燃費でした!

続きはこちらのブログを見てくださいね!!


   
 ↓↓↓




posted by kurumazuki at 11:39| ハスラー 走行レポート 【納車2ヶ月】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

走行距離1,000kmレポート『燃費他』

購入したハスラーが1,000kmになりました。まだタイヤはスタッドレスのままなので純正のサマータイヤでの走行感覚とは違うと思います。

スタッドレスは 『ブリヂストンブリザック-レボ GZ 165/65R14』に市販のアルミホイール『プレイTS7 4.5-14』 を組み合わせ、純正より1インチダウンしています。

それに対し、標準で純正に装着されているタイヤは『ダンロップ:エナセーブEC203』です。低燃費でロングライフのエコタイヤなので燃費や乗り心地も違ってくると思います。

BSのスタッドレスタイヤ装着での1,000kmレポートになりますが、燃費は平均で「16.0km/L」。私の住む北関東エリアは山岳地帯でアップダウンも多く、4月初旬からの走行でも場所によっては雪道走行も数回経験しました。当然カタログデータの25.0km/Lよりも低いデータですが、登り下りの多い道をターボエンジンで走って16km/Lは思ったより燃費は良かったです。ちなみに知人のノンターボ車は18.7km/Lでした。走り方の違いは有るにせよ、そうそう差はない燃費です。

X-ターボのパワーウェイトレシオは13.59kg/psです。(車両重量870kgを最高出力64馬力で割った値)、トルクウェイトレシオは89.7kg/kgm。(車両重量870kgを最大トルク9.7kgmで割った値)となっています。
いくら軽い軽自動車でもノンターボ車では登り道ではやはりパワー不足が気になりましたが、ターボモデルではキックダウンしたときの3気筒エンジンのボリュームが高くなることを気にしなければ全くストレスのない走りが可能です。

ある調査では[Xターボ]の項目別評価を5点満点で総合4.69点で非常に高い得点になっています。
・エクステリア: 4.88点(外観などのデザイン及び機能性)
・インテリア: 4.48点(内装のデザイン及び機能性)
・エンジン性能: 4.44点(トルクやパワー、滑らかさ、技術など)
・走行性能: 4.12点(走りのフィーリング及び操作性)
・乗り心地: 4.0点(乗り心地のフィーリング)
・燃費: 4.70点(燃費の満足度)
・価格: 4.85点(総合的な価格の妥当性)

私の印象もほぼ同じでハスラーの魅力は外観(エクステリア)と相対的な価格設定、スズキ独自のエネチャージシステムとハスラーの軽量による燃費の良さに高い点数が付きます。

反面、走行性能・乗り心地の点数は私がまだスタッドレスタイヤの装着なので対等な評価は出来ませんが、走行性能は高速道路で100km/H以上ではややぐらつき間が出て安定性に欠ける(あくまでスタッドレスタイヤでの印象)ことと、ハスラー独特な角ばったスタイルからくるのか?横風でハンドルを取られやすい傾向が感じられました。

乗り心地は評価より高い印象で非常にスムーズな走りに運転していれば「これが軽自動車?」なんて感じもするぐらい良く出来ています。(もっとも最近の軽自動車全体にいえることかもしれませんが?)
気になる点は、夜間走行でドアミラーにインテリアの照明が移りこむことで、非常に後方確認がしにくい角度があります。安全性で大きな問題点なので早急に改善を求める項目です。

純正で装着のナビは優れもので、目的地検索でのリルートなどもすばやく検出しますし、ドライブガイド(おでかけマップ)は良く出来ています。
DSCN2366.JPG


また、エリア情報なども満載で、地域地域の情報がすばやく閲覧できます。
DSCN2369.JPG


まだ、1,000kmそして納車後1ヶ月での最初の走行レポートで、これから色々なことが報告できると思いますが、現在の第1印象としてはこの【ハスラーX-ターボ】は最高にお気に入りの車の一台だと思っています!!


===〈下取り車の無料相場チェック〉===


★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<下記のオンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>





↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド






↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<<ガリバー


posted by kurumazuki at 05:43| 走行距離,1,000km,燃費, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

ハスラーの納車【3ヵ月待ち】

待望の日がやってきました。私が購入したハスラーX-ターボ(ホワイト)が4月5日に納車されました。
予定では3月末だったのですが、オプション(ETC・ストライプ)の装着などで1週間遅れました。
もちろん、納車が4月でも登録は3月だったので消費税は5%です。
DSCN2379.JPG



知人のハスラーxと並んで撮った写真です。分かりにくいでしょうが、X−ターボにはフォグランプが標準装備されています。
DSCN2350.JPG


ボンネットとルーフとこの写真のリアにオプションの【チェッカーストライプライン】を装着しました。
カラーがホワイトなので、ブラックのストライプが目立ち、自画自賛ですが気に入りました!
DSCN2353.JPG


ダッシュボードはホワイトです。表面に「シボ」がないので、自分の好きなステッカーなどが簡単に貼れるんです。アクセントにレッドのハワイアンフラワーのシールを貼ってみました!中央のナビ画面は見やすいレイアウトですし、ナビ右下にはAUX接続端子とmicroSDカード挿入口が付いておりオーディオは此処と、後述する下部のUSBなどから聞くことが出来ます。残念なのは、CDがそのまま聞けないことです。MP3やウォークマン、i-PODなどにダウンロードしなければならず、こういった機器に慣れてないと不便を感じますね。
DSCN2357.JPG



インパネは良くまとまっています。中央は滑り止めのマット、右側にスピード違反注意のため「レーダー探知機」を付けました。気になることが1つあります。夜間走行で角度によってドアミラーにインパネが写ってしまい、ドアミラーで後方確認がしにくいことです。特にシボのないツルツルでホワイトのインパネが影響しています。ブラックや暗い色ならこういった現象は起こらないでしょうが!?
DSCN2356.JPG



この一眼メーターは優れものです。まず見やすいし、アクセルの踏み具合によってエコ運転指数が5色のカラーに変わります。写真はアイドリング状態なので中間色のブルーですが、スロットルを踏み込むとグリーン系へ、定速運転やエンジンブレーキなどのエコ状態時にはホワイト(エネチャージ作動中)にカラーが変わります(中間色は水色や薄いグリーン)。またメーター下部の「トリップメーター」はボタン切り替えで『タコメーター・エコジャージ・瞬間燃費・平均燃費・後続可能距離・アイドリングストップ時間と節約燃料・エコスコア表示』などが見れます。
DSCN2361.JPG


このコネクターはコネクターはUSB/HDMI/RCAの3つがセンターダッシュ下部にあります。今はUSBに私のi-PODを接続してオーディオを聞く状態になっています。またコネクターの下側はドリンクホルダーや小物収納BOXになっており私は空気清浄機をここに置きました。
DSCN2363.JPG


最後になりましたが、このシートは見た目は普通のベンチシートでセンターに肘掛が出てくるだけですが、助手席は背面を前に倒すとテーブル代わりに!、座面を開くと中は収納BOXに!もちろん後部座席ともフルフラットにも出来るマルチシートです。シートヒーターはドライビングシートだけですが付いています。
しかし、一番凄いのは軽のシートだからすぐ疲れるだろうと思っていたらとんでもない、よく出来たシートです。この写真撮影の後、東京往復約400kmを日帰りでしましたが、全然腰が痛くならず腰痛持ちの我輩にとってはシートヒーターと合わせて非常にありがたい誤算でした♪

DSCN2362.JPG



まだまだ紹介したいことが沢山あります。軽自動車初の「ヒルディセントコントロール」や「「グリップコントロール」作動時の感触や平均燃費(東京行きの高速燃費は21.5km/L)e.t.c.
一月ほど走行したときに、ロードテスト報告をしますのでお楽しみに ♪



◆私がハスラーを購入したとき下取りに出した車は平成22年式「ホンダフィットRS 4WD」でした。

【売却したホンダフィット1500RS】

20121001nikon-0091.jpg


ディーラーでの下取り提示価格は75万円でしたが、この『かんたん車査定ガイド』から申し込んで8社から連絡があり、条件の良かった4社に無料査定見積もりを出してもらったところ買い取り価格は「85万〜97万円」でした。金額はいずれもディーラー下取り提示価格より上でした。結局最も高かった[アップル]へ売却しました。

*詳細はこの記事に記載してあります<<車買取専門店で査定【お勧めサイト】



つまり、インターネット上で愛車の査定額を無料で調べてくれるサイトは沢山ありますが、複数の買取専門店へ無料査定を依頼し競合した方が買い取り価格が高くなることは間違いありません。その中でももっとも簡単で迅速なのが『かんたん車査定ガイド』です。少しでも高く車を売りたいなら、一括サイトの『かんたん査定ガイド』の利用が最もお勧めです。




ya_lw-07.gif




*業界最速の32秒で概算見積もりが分かり、難しい入力などを極力なくし、初めての方にもわかりやすく簡単に見積もりが申し込めるようになっています。
たった1回のお申込みで最大で10社から愛車の見積もりを比較できるので、一番高い査定額が付いた業者を選ぶだけでOKです。
車買取で有名なガリバーやTAX(タックス)、カーセブンなどとも提携しており、高額買取が多いサイトとして知られています。
他のサイトと似ていますが、入力画面がとても簡単で32秒で入力終了、申し込みフォームも他社のように面倒ではなく入力画面は1ページだけです。







posted by kurumazuki at 10:56| ハスラー 納車 3ヵ月待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。